高齢者だけの病気ではなくなった緑内障について

>

早期発見するための注意点

危険因子と考えられていること

もともとは高齢者のかかる病気だと考えられてきた緑内障ですが、最近は若くして発症する人も増えているといいます。
その原因として現代がストレス社会であることが挙げられるでしょう。
視神経の周りにある血管はとても細く、ストレスによってその血管が収縮してしまうことで視神経が傷ついてしまうのです。
その結果、眼圧は正常な範囲内にあるにもかかわらず緑内障を発症してしまう若者が増えているのかもしれません。

その他に考えられる危険因子としては、身内に緑内障の人がいる場合や強度の近視の場合、低血圧や冷え性のように血流に問題がある場合などは緑内障になりやすい要素を秘めていると言われています。
たとえ子どもの頃から目が良くて眼科とは無縁の生活をしてきたということが自慢であるような人であったとしても、緑内障を発症する危険性は十分にありますから注意しましょう。

定期的に受けておきたい眼科の検診とは

自覚症状がほとんど出ないことから、緑内障を疑って眼科を受診するという人はあまりいないようです。
多くの場合は眼鏡やコンタクトを処方してもらう際に緑内障の疑いがあるからといって精密検査を受けることとなるなど、偶然発覚することが多いでしょう。
通常の人間ドックなどの検診で行われる視力検査や眼圧検査で発見されるということは稀なので、少なくとも40歳を過ぎたら数年ごとに眼科の詳しい検査を受けておいた方がいいかもしれません。

眼科の検診では視力検査や眼圧検査の他にも眼底検査、隅角検査、視野検査、光干渉断層計(OCT)なども行い総合的に診断して正確な判断をくだしてくれるといいます。
近年若い人が発症している緑内障は視力や眼圧が正常値を指していることが多いと言いますので、眼底写真によって視神経乳頭陥凹の拡大所見があるかどうかで判断する必要があるのです。


この記事をシェアする